チュニジアに残るローマ遺跡。ドッッガ!ブラレジア!その2

アッスレーマ

もうすっかり6月の半ばとなり、夏となってきました。
チュニジアもう、もうすっかりカンカン照りの日差しがでてきています。
と、思っていたのですがこの2,3日は雨です。
この時期の雨は、気分も雨模様に。
普段のチュニジアだとこんな時期は雨は珍しいです。

筆者は少しの都合でイタリアのローマに出向いていたのですが、そこでも雨。
チュニジアに帰って来ても雨というコンボをいただきました。

おかげで、今はとても蒸し暑い。こんなのチュニジアの夏じゃない!
と、思いながら、過ごしている今日この頃です。
いつもならカラッとした天気です。

ちなみにチュニジアの人は雨が好きです。
もともと雨が少ない土地柄で砂埃も多いので、雨が降ると空気がシャキっとして気持ちいそうです。
作者もチュニジア人を見習いそう思う事にします。
そしたらきっと、気分は晴れになるはず!

気分「だけ」が晴れたところで、先月に視察にいってきたドゥッガ・ブラレジアの続きです。

視察へ行った時はまだ5月の半ばだったため、ブラレジアからドゥッガへの道はとても美しい穀倉地帯の青々とした草原が広がっていました。
筆者は実はドゥッガに来るのはこれが初めてだったのでさらに感動。
チュニジアにもこういう所があるのだなと。とても関心しました。



小高い丘の中腹からの永遠と広がる穀倉地帯の様子です。
ドゥッガへ行く途中に通りかかり、車を止めてもらいました!
うーん、本当気持ちが良い。

このような道を進んでいくと、小高い丘の上に現れるのがチュニジアの世界遺産ドゥッガです。
周りにはなにもなく、上の写真のような草原な中に突如あらわれます。



入口近くにある石碑がありました。
これは世界遺産登録記念碑だそうです。
世界遺産に登録されたの1997年、意外と登録されたのが遅くびっくりでした。


そして入口すぐ近くにあるのがこの劇場跡の遺跡。
なんとも壮大で、とても気持ちよい眺めの場所にあります。



ドゥッガの中でも代表格、写真など一番よくみかけるのが、このキャピトルです。
この神殿はユピテル、ユノー、ミネルバの3神を奉るものだそうです。


キャピトルの横にあった、ラテン語の石版。


そして、ここがドゥッガの売春宿トリフォリウムの家です。
小さな小部屋が並んでいるのが見て取れます。


オリーブに木に囲まれた、リビコ・ピュニック廊です。
ドゥッガ遺跡のシンボルともなっています。

世界遺産ドゥッガは規模、そして保存状態ともにチュニジアで最も良い遺跡のひとつです。
チュニジアに訪問されるのであれば、是非一度は訪れたい観光地であるのですが、
この遺跡への公共交通機関は非常に乏しいのが現状です。
ツアーや近くの町からタクシーをチャーターしていくのが一般的です。

弊社でもこのドゥッガ・ブラレジアへの日帰りツアーをご用意しています。
是非ご利用くださいませ。

それでは皆様、良い夏を!

ビッスレーマ。

紺碧の海で初泳ぎ ! ガール・エル・メルハの奇跡

ラフラフから道なき道を走ること15分、
たどり着いたのはかってはメジェルダ川に通じた細いながいラグーン、
忽然と奇跡のビーチが現れた。
どこまでも続く遠浅の海にチュニジアの若者たちの嬌声が響き渡る。




かっては観光化の波から逃れチュニジア人の隠れ家の様相を呈しいたガール・エル・メルハは
素朴な麻で出来たパラソルが備え付けられ(7TND)、
地元産の魚バーベキューレストランは満員御礼状態だ。
いかにもチュニジア人がチュニジア人のために
こしらえたチュニジアの紺碧のリゾートビーチと言えるかもしれない。


それでも彼らからみてひときわ異彩を放つアジアからやってきた闖入者に
あくまでも優しい。
たばこを勧める若者、
遠浅に佇み盗み伺うヒジャブのまま美しい娘の瞳、
おぼつかない足取りで波と戯れる幼児と母親の投げ掛ける笑顔が眩しい。
紺碧の海に静かにからだをよこたわせ、
仰ぎ見る青い空には上弦の月が薄くうかんでいた。
ジェッパのまま海につかる婦人、
ビキニに挑戦し、はしゃぎまわる娘たちの飛沫を浴び喜ぶ新しきチュニジアの青春が斯くも微笑ましい。







チュニジアに残るローマ遺跡。ドッッガ!ブラレジア!

アッスレーマ

5月も終わりに近づいてきました。
チュニジアの夏の観光シーズンがじわじわと近づいてきています!
今年のチュニジアの天気は少しずつ暑くなってきた!と思いきや寒さが戻ったりと例年とは少し違った気候が続いています。
早く、本格的な夏になってほしいこの頃です。暑すぎるのはつらいのですけれども。

さてさて、タイトルにもありますようにチュニジアの代表的なローマ遺跡といえば、ドゥッガそしてブラレジアです。
ここはチュニジア北東部にあり、回りにあまり大きな町もなく、田舎の町です。
そんな中に忽然と現れる遺跡ドゥッガ、ブラレジア!視察に行ってまいりました!

5月中頃だったため、まだまだ涼しかった北部たくさんの花畑がありました。
ポピー畑
ポピー畑です。
とても綺麗だったため車をとめて写真タイム♪

チュニスから車に揺られ約2時間ぐらい、やってきましたブラレジア。
ここは地下住居とモザイクが特徴的な遺跡です。



ガイドさんがとても丁寧にモザイクそして遺跡全体の説明してくれました。
ガイドさんがいるとやっぱし、遺跡をさらに楽しむことができます。



昔のバジリカ跡です。



石畳の通路歩いていると時折穴があいています。
そこを除くとしっかりとした、水路のようなものが作られており、昔はこの水路を使い下水を流していたとか。



ブラレジアの中でもひときわ目立つ大きな遺跡。ユリア・メムニアの浴場。
とても大きく中多くの部屋に分かれており、モザイクもところどころ残っていました。



洗礼所跡です。
初期キリスト教会特有の階段付きの洗礼所です。



そして、地下住居!
とてもしっかり残っています。



地下住居の中にとても綺麗なモザイクが残っていました。

ブラレジアにはまだまだ、たくさんの見所がありました。
後は実際来てみて楽しんでください!

この後、昼食を摂りドゥッガに向かいました。
ドゥッガ編はまた後日!

ビッスレーマ!

【年末年始あいのり募集!!】1泊2日トズール発ジェルバ着

年末年始のあいのり募集第1弾!

日程:12月31日〜2014年1月1日

12月31日:
朝、タメルザ山岳オアシスへ出発。
ミデスのバルコニーオアシスは、映画『イングリッシュペイシェント』のロケ地になりました。
シェビカの山岳オアシスで、ハイキングをお楽しみ下さい。
その後、塩湖を通ってドゥーズへ出発。
ドゥーズでは、スークを散策します。
その後、クサールギレンへ出発。
クサールギレンでは、砂漠のテントでみんなでキャンプ!
ご到着後、ラクダでローマ時代の要塞を訪れます。
その後、キャンプ地に戻り、大晦日特別ディナーが開催されます。
キャンプファイヤーを囲んで民族ダンスや、伝統料理をお楽しみ下さい。
ディナーではワイン1本をサービス★
               【宿泊:Campement Le Paradis指定】
1月1日:
ご朝食後、マトマタへ。
映画スターウォーズのロケ地になった、ホテルシディドリスや、
ベルベル人の伝統的な穴居住宅を訪問します。
その後、ジェルバ島へ向かいます。
お時間があれば、フームスークを散策頂きます。
空港までお送り致します【解散】


詳細は、大高までお問合せ下さい。

【12月29日発】チュニス発着★南部格安ツアー募集!!!!!!

●日付限定●チュニス発着 南部まで!格安ツアーの募集を開始します!




日程:12月29日〜12月31日

12月29日:
チュニスのホテルまでお迎え。
ケロアンに向かって出発します。
途中、ザグアンに残るローマ時代の水道橋にてショートストップ。

ケロアンでは、グランドモスク、アグラビ朝時代の貯水池、シディサハビ霊廟、旧市街を観光します。

その後、トズールへ向かいます。

トズールの旧市街を観光。

                    【宿泊:3つ星クラスホテルにて】


12月30日:

朝、カレーシュ(馬車)に乗ってオアシスを散策します。
トズールの動物園を訪問。フェネックやラクダなど、サハラの動物も見られます。
その後、北アフリカ最大の塩湖ショットエルジェリドを通り、ドゥーズへ。

砂漠でキャメルライディング体験!!(オプショナル)

午後は、マトマタへ移動します。
マトマタでは、スターウォーズのロケ地となったホテルシディドリスと
ベルベル人の伝統的な穴居住宅を訪れます。

                   【宿泊:穴居式ホテルにて】

12月31日:

朝エルジェムへ向けて出発。
エルジェムでは、世界遺産の円形闘技場とモザイクの博物館を観光します。

その後、スースへ。
スースでは、旧市街、リバトを観光し、チュニジア唯一のおみやげのショッピングセンターへ。

チュニスに戻り、終了となります。


料金:490ユーロ(2名様1室の1名様あたりのお値段)
SGL部屋利用の場合は、530ユーロとなります。

最少催行人数:3名様以上
3名様に満たなかった場合は、追加料金にて催行可能です


ツアー料金に含まれるもの:
専用車3日間 (専属ドライバー付、高速代、駐車場代、ガソリン代込み)
チュニジア人英語ガイド付
トズ-ル、マトマタ スタンダードクラスホテル 夕朝食付
遺跡・博物館入場料
全昼食
ドライバー、ガイドチップ込み

ツアー料金に含まれないもの:
ホテル、昼食時のお飲み物代
キャメルライデイング

募集期間:2013年12月15日まで


詳細は、大高までお問合せ下さい。

★専用車100ユーロぽっきりキャンペーン★

チュニス発着1日専用車100ユーロぽっきりキャンペーン!!

日帰りでチュニス近郊の都市を効率よく周りたい!という人にお勧め

期間:〜2013年4月20日(土)

1日専用車!通常価格240ユーロ

⇒100ユーロ!!

・ドライバー(拘束時間約8時間)
・ガソリン代、ドライバー、高速料金、パーキング込み
・付加価値税12%込み


※チュニスから日帰り観光例
・チュニス1日(カルタゴ、シディブサイド、バルドー博物館など)
・ドゥッガ・ブラレジア
・スース・ケロアン世界遺産2都市
・ケロアン・エルジェム世界遺産2都市
・ボン岬周遊

などなど、自力で行くにはちょっと不便な地方都市周遊に最適!

詳細はお問合せください。

台数に限りがございますので、お申し込みはお早めに

※昼食、ドライバーのチップ、遺跡入場料はお客様ご自身のご負担となります

4月あいのり募集!

4月あいのり募集!

チュニス発着
期間:4月27日〜5月3日

《内容》

○4月27日
10時半ごろケロアンに向けてチュニスを出発。
途中、ザグアンの水道橋でショーットストップ。
その後ウドゥナ遺跡を観光。
ケロアンのホテルまでお送りします。 【ケロアン泊】

○4月28日
朝、イスラムの古都、ケロアンを観光
(ご希望でしたらケロアンの名産、絨毯屋さんへお連れすることも可能です)
その後タメルザへと出発。
山岳オアシスのミデス、グランドカスカド、シェビカを観光。 【タメルザ泊】

○4月29日
タメルザを出発し、映画、「イングリッシュペイシェント」のロケ地と「スターウォーズ」のセットが残る
オングエルジュメルを観光します。
その後トズールへ。
オアシスで栄えて交易の街トズール観光。
旧市街メディナやオアシス、トズール動物園を観光します。【トズール泊】

○4月30日
朝メトラウィへ向けて出発。
オスマントルコの高官が利用した観光列車レザールージュへ乗車します。
その後北アフリカ最大の塩湖ショットエルジェリドを通り、ドゥーズへ。
ドゥーズのスークを散策した後、赤い砂漠クサールギレンへと向かいます。【クサールギレン泊】
(オプショナル:キャメルライディング、クアッドなどサハラアクティビティをお楽しみ下さい)

○5月1日
クサールギレンを出発し、道なき道を進みます。
まずスターウォーズのロケ地になったクサール(倉庫群)、クサールハダダを観光します。
その後、クサールマルブティンを訪れた後、岩肌にへばりついたベルベル人の村シェニニ観光。
そのあとはメドニンのゴルファを通り、マトマタへ。
途中トゥジェンでショートストップします。
マトマタでは、映画「スターウォーズ」のロケ地になったホテルシディドリスとベルベル人の伝統的家を見学します。【マトマタ泊】

○5月2日
早朝マトマタを出発し、エルジェムを出発。
エルジェムでは世界遺産の円形闘技場とエルジェムのモザイク博物館を訪れます。
その後スースへ。スースではメディナを見学します。 【スース泊】

○5月3日
スースを出発し、ボン岬観光へ。
まずナブールにて陶器市を散策します。その後ケリビアで要塞を訪れます。
その後、世界遺産ケルクアンの遺跡を観光し、エルハワリア、コルブスを通ってチュニスへ戻ります。


募集期間:2013年4月5日まで(それ以降はお問合せ下さいませ)

お手配は、ホテル、ホテルにつく夕食、専用車となります。
ランチ、遺跡入場料、ドライバーへのチップ、キャメルライディング等アクティビティは現地でとなります。

行程の一部のみのあいのりも可能です。

詳細は、大高までお問い合わせくださいませ。



バリューパック募集!1月5日発

1月バリューパック募集!

南部ツアー「バリューパック220」

出発:1月5日(チュニス)
解散:1月7日(チュニス)

(大まかな内容)

1日目:早朝(5:00頃)、指定ホテルに4WDがお迎えにあがります。
世界で3番目に大きいエル・ジェムのローマ円形闘技場を見学。
良質のスパイスやヘナでも知られる海沿いのオアシスの町ガベスに立ち寄ってから、
ベルベルのユニークな穴居住宅が散在するマトマタを訪ねます。ランチは穴居住宅にて。
映画『スターウォーズ』の撮影地となったホテル・シディ・ドリス、昔ながらの生活を営むベルベル人のお宅を訪問した後、サハラの玄関口ドゥーズへ。途中タメルゼットの村の前で写真休憩いたします。
ホテルのチェックイン後、ご希望の方はラクダに乗ってサハラエクスカーションへ(オプショナル)。

2日目:北アフリカ最大の塩湖、ショット・エル・ジェリドを通って、ナツメヤシの交易で栄えるオアシスの町トズールへ。ホテルにてチェックイン後、午後は自由行動です。
トズールのオアシス内をカレーシュ(馬車)で巡りながらサハラ動物園を訪れたり、または四輪バギーでオング・エル・ジュメルへのエクスカーションに参加したり、ダル・シュライト博物館や旧市街を散策してお楽しみください。

3日目:アルジェリア国境沿いのタメルザ、ミデス、シェビカなど、ベルベルの旧村を訪れます。山岳オアシスでハイキングを楽しんだ後、北アフリカにおけるイスラムの聖都ケロアンへ。メディナを観光後、一路チュニスに向かい、解散となります。およその終了時刻は19:30頃です。

《料金》
シングル【280ユーロ】
ダブル【240ユーロ/1名様】


※御旅行代金や行程の詳細は、野上までお問い合わせ下さい。

年末あいのり募集!

年末ツアーあいのり募集!

出発:12月31日(チュニス)
解散:1月1日(シディブサイド)

(大まかな内容)

1日目:朝8時ドライバー&日本語ガイドがホテルまでお迎えに行きます。
まずメディナを散策し、その後世界遺産カルタゴで、ビュルサの丘、トフェ、古代カルタゴ港、アントニヌスの浴場を見学します。
その後ケロアンへ出発。途中、ザグアンの水道橋にてショートストップ。
ケロアンでは、まずグランドモスクを見学。その後、ホテルカスバにてご昼食。
午後はそのままアグラビ朝の貯水池、シディサハビ霊廟、グランドモスクを見学します。
【ケロアン泊】

2日目:ケロアンを出発し、エルジェムへ。
世界遺産の円形闘技場のほか、モザイクが綺麗に残る博物館を見学します。
その後、スースへ。リバトやメディナを見学するほか、お土産のショッピングセンターを訪れます。
昼食は、エルカンタウィでクスクスをお召し上がり下さい。
昼食後は、シディブサイドへ。シディブサイドを散策した後、ホテルまでお送り致します。
【シディブサイド泊】


※最終日は、シディブサイドにて解散ですが、ご希望によりチュニスまでお送りすることも可能です。

※※御旅行代金や行程の詳細は、大高までお問い合わせ下さい。

【緊急】12月あいのり募集!!

緊急募集
12月のあいのり第一弾

出発:12月3日(チュニス)
解散:12月6日(スースもしくはチュニス)

(大まかな内容)

1日目:朝8時ドライバーがホテルまでお迎えに行きます。ケロアンに向かって出発。
途中、ザグアンの水道橋にてショートストップ。ケロアンでは、アグラビ朝の貯水池、シディサハビ霊廟、グランドモスクを見学します。その後トズールに向かいます。【トズール泊】

2日目:トズールを出発。オスマントルコの高官が使用したといわれる観光列車レザールージュエクスカーション!
その後、北アフリカ最大の塩湖ショットエルジェリドを通り、ドゥーズへ。ドゥーズではスーク(市場)を散策します。その後、赤い砂漠クサールギレンへ。キャメルライディングなどサハラアクティビティをお楽しみ下さい(オプショナル) 【クサールギレン泊】

3日目:クサールギレンを出発し、クサールハダダへ。クサールハダダは、スターウォーズのロケ地にもなったベルベルの倉庫群です。そのご、岩肌にへばりつくベルベルの伝統的な村シェニニへ向かいます。シェニニ散策後、トゥジャンを通り、マトマタへ。マトマタでは、スターウォーズのロケ地となったホテルシディドリスとベルベル人の伝統的な穴居住宅を訪ねます。【マトマタ泊】

4日目:マトマタを出発し、エルジェムへ。エルジェムでは、世界遺産円形闘技場とモザイクが綺麗に残る博物館へを見学します。その後スースへ。スースのメディナ、ショッピングセンターに立ち寄り、ホテルまでお送り致して、ツアー終了となります。

※最終日は、スースにて解散ですが、ご希望によりその後チュニスまでお送りすることも可能です。詳細はお問合せ下さい。

※※御旅行代金や行程の詳細は、野上までお問い合わせ下さい。