チュニスの手芸屋通り

知る人ぞ知る、チュニスの手芸屋通り!

場所がとても説明しにくいのですが、メディナの入口を背にして、メトロのリパブリック駅に向けて斜め方向に歩くと、「Rue des Tanneurs」という通りが見えてきます。

こんなお店のある通りです↓



(ゴチャゴチャしている店内)

とにかく安いので、掘り出し物見つけてください!

中央市場(野菜市)

本日は中央市場より、旬な野菜/果物取材してきました!




(野菜市場の様子)


チュニジアのオリーブやハリサは絶品!!


カラスミも売ってます!




ラ・マルサのおすすめ生パスタ屋

ラ・マルサ在住CNさんより、おすすめ生パスタ屋「O・Pat」をご紹介!



お店の場所は、TGVの終点ラ・マルサより、徒歩3−4分。お土産屋「Caravane Bazar chez battikh」の隣です。
電話番号:71.981.662



〈メニュー〉
Raviolis 各種 12tnd〜/kg
Rouleaux 各種 15tnd〜/kg
他にもLasagneなどあります。




中央市場(魚市)2

昨日に引き続き、第二弾!


中央市場(魚市)1

チュニス市民の胃袋、ハビブ・ブルギバ通りの一本裏手(バルセロナ広場寄り)にある中央市場で、旬な魚貝類を取材してきました!


チュニジアの通信会社

フランス大手通信会社orangeが5月5日よりチュニジアでサービスを開始します!!



WEBサイト: http://www.orange.tn/


その他、チュニジアの通信会社は、

Tunisie Telecom
http://www.tunisietelecom.tn/tt/internet/fr

Tunisiana
http://www.tunisiana.com/jahia/Jahia/

Elissa (昨年よりスタート)
http://www.elissa.tn/

〈2010年5月現在〉

チュニジアで携帯電話を使う場合、日本の携帯を海外でも使えるように設定するか、もしくはGSM携帯をご利用ください。
SIMカードとプリペードカード(5dt〜)は、空港の到着ロビーで購入できます。

チュニスのお酒

 チュニスではライセンスを持つか持たないかでお酒が出るレストランは限られていますが、そのほかにお酒を出してはいけないことになっている地区があります。それは、、、アリアナ。
 アリアナ地区にはたくさんの外国人が住んでいるにもかかわらず、お酒を飲みたくなる素敵なレストランがいくつかあるにもかかわらず、お酒を出してはいけない条例があります。例外はひとつ。キャバレー一件。この条例ができる前にオープンしたキャバレーとかで、今も毎晩「おっさん」でにぎわっています。

【FAQ】 チュニジアで携帯電話を使えますか

2006年現在、チュニジアの携帯電話サービスを提供している会社は、

TUNISIE TELECOM と TUNISIANAの2社です。


携帯電話は街の販売店で簡単に入手できます。

回線に加入(約25ディナール)するには、

旅行者の場合はパスポートの提示が必要です。


回線と電話機のパッケージが約90ディナールから購入できます。

電話機は日本ほど安いものが出回っていません。

日本の電話機と同様の機能を備え、洗練されたデザインのものは非常に高価です。


チュニジアの携帯電話は大半がプリペイド方式です。

公衆電話(Publinet)、タバコ屋、食品店などで

プリペイドカード(GSMカード)が売っています。

CARTA TUNISIANA
CARTA TUNISIANA チュニジアの携帯電話用テレフォンカード

カードは5ディナール、10ディナール、20ディナールのものがあります。

購入時には2006年からカード1枚当たり0.3ディナールの税金がかかるようになりました。

カードの裏側をコインなどで削って、

出てきた番号を電話機に入力し、

ボタンを押すと簡単に電話料金のチャージができます。

VERSO



通話料はTUNISIANAの場合、

昼間:0.224ディナール/1分

夜間:0.148ディナール/1分

5ディナールのカードを買うと、昼間に約22分通話できることになります。


チュニジアの携帯電話にはCIMカードというICチップが内蔵されており、

これを他の電話機に入れ替えるだけで、同じ番号と電話帳で違う電話機を簡単に使うことができます。

携帯電話
携帯電話のバッテリーパックを外したところ


sim
SIMカード

携帯電話でEメールはできませんが、似たような機能として、

ショートメッセージ(SMS)が標準装備されています。

これを使うと、簡単な意思疎通が通話よりも安上がりにできます。



【FAQ】 チュニジアで服は買えますか

買えます。

新品の服はブティックやショッピングモールで買えます。

婦人服のお値段は概してかなり安めですが、

デザインがどことなくアラブっぽいものが多いです。

靴下、下着類もスーパーやメディナで買えます。


デザイナーズ・ブランドの直営店はありませんが、

商品を置いている店はあります。

お値段は日本とほぼ同じか高めです。


チュニジアの若者の間ではやっているブランドは

adidas, NIKE, Celio, Blue Island等です。


高い服は必要ないが、服を全部日本から持っていくにはちょっと…

という方には古着屋があります。


チュニジアには街のいたるところに古着屋があります。

品質にこだわらなければ、いろいろなものが二束三文で買えます。

メディナの一部は古着の市(ハフスィーヤ)になっています。

古着や古靴が所狭しと積んである光景は圧巻です。

ときにはヨーロッパのブランド物が格安で見つかることがあります。

古着
古着の市

【FAQ】 チュニジアでインターネットはできますか

できます。

チュニジアでインターネットに接続する方法はおもに2つです。


1.公衆インターネットに行く

チュニジアにはピュブリネット(Publinet)というインターネットカフェのようなものがいたるところにあります。

料金は1時間あたり1.5ディナール程度です。

日本語でメールなどができるところはあまり多くありません。

チュニスではPassage (メトロのRepublique駅)近くの

Publinet Jean Jauresが日本人によく利用されています。


2.チュニジアのインターネットプロバイダに加入する

ADSL回線で24時間接続環境がチュニジアで実現したのはごく最近のことですが、

チュニジアのISP(インターネットサービスプロバイダ)の提供するサービスは次第に向上してきています。


チュニジアの主要なISPと料金をあげておきます。


Global Net

ADSL: 256kbps/ 15 DT〜


Planet (wanadoo)

ADSL: 128kbps/ 17 DT〜


Topnet

ADSl: 256 kbps/ 24.9 DT〜


Tunet

ADSL: 64/128kbps/ 25 DT〜