チュニジアのトレードマーク ブーゲンビリア

チュニジアの風景を代表する存在、ブーゲンビリア。
最近では日本でも育てている方もいらっしゃいますね!
軒先
4月から5月ぐらいが一番の盛り、真っ白なチュニジアの家々の壁をキャンバスに実に鮮やかに咲き乱れます。
…と思っていたら9月になってもまだ咲いている…いつまで咲いているんだ?


とこでブーゲンビリアと聞いたらば、まず何色を思い浮かべますか?
私の最初の印象はちょっと紫がかった紅色。まずブーゲンビリアといえばこの色です。
紫


が!チュニスに滞在していると案外ブーゲンビリアにはいろんな色があるのがわかってきます。
最近では道を歩くたびにブーゲンビリアの色が気になる。。。
私のお気に入りはずばり白!しかも白の中でもちょっと紫がかった虹色のようなものがあります。
写真ではうまくお伝えできないのが残念。。。
白

もう一つお気に入りがオレンジです。白い壁にオレンジの花、軒先がとても明るい印象になります。


あんまり好きではありませんが薄紫もあります。
日本の花では薄紫はとても繊細できれいな部類だと思いますが、どうもチュニジアのさんさんと降り注ぐ太陽の下では今一存在感がなく、くすんで見えます。


道端に咲くブーゲンビリアも先日花束にして持っているおばさんを発見。
以外にゴージャスですよ!

関連する記事