チュニジア新憲法成立&新閣僚が決定!!


革命から、苦節3年。

野党党首暗殺事件、大規模デモ、ゼネストなど数々の困難を乗り越え、
ようやくチュニジアの新憲法が成立しました!!

アラブの春で民主化プロセスが成功している唯一の国として、
この成立は、チュニジアにとっても、世界にとっても歴史の偉大な一歩となりました。
日本の新聞でもとりあげられているようですが、
やはり『困難を対話で乗り切った』というところがなんとも誇らしい気持ちです。

憲法が成立し、大統領の承認を経て、新閣僚が決定しました。
閣僚は、テクノクラートという無党派の専門家で構成されています。



21大臣は下記の通り(省庁の日本語訳はあってるかわかりませんが・・・)

首相兼産業大臣:Mehdi Jomaa(51歳)


内務大臣:Lotfi Ben Jeddou(50歳)
カッセリン県の検事出身

法務大臣:Hafedh Ben Salah(64歳)
破棄院の弁護士出身

観光大臣:Amel Karboul(41歳)女性

防衛大臣:Ghazi Jeribi
行政裁判所長出身

外務大臣:Mongi Hamdi
エンジニアの博士課程、ハーバード大学で経済政策専攻

研究、テクノロジー、コミュニケーションの高等教育大臣:Taoufik Jelassi(56歳)
ニューヨークの大学で経営管理の情報処理の博士課程、2011年からは情報関係の顧問

農業大臣:Lassaad Lachaal(52歳)
コロンビア大学にて農業経営の博士課程

手工業と貿易大臣:Nejla Moalla Harrouch(50歳)

厚生大臣:Mohamed Salah Ben Ammar(58歳)
パリ第四大学にて医学部、チュニス医大の教授出身

教育大臣:Fethi Jarray(50歳)
教育者出身

交通大臣:Chiheb Ben Ahmed(48歳)
2013年にチュニスエアーのディレクターを努める

労働大臣:Hafedh Lamouri(58歳)
労働組合出身、パリ第一、第二大学にて厚生労働専攻

社会保険大臣:Ahmed Ammar Youmbai(63歳)
厚生労働や社会保険、労働権の専門家

宗教大臣:Mounir Tlili(63歳)
高度テクノロジー専攻

スポーツ大臣:Saber Bouatay(43歳)
タイボクシングとキックボクシング経験を持つ、行政指導者出身

環境大臣:Mounir Madjoub

女性、家族、子供に関する大臣:Neila Chaabane

国有財産大臣:Mohamed Karim Jamoussi

ガバナンス、公職大臣:Anouar Ben Khelifa

国際協力大臣:Noureddine Zekri


こうしてみると、省庁のなんと多いこと!!

とにかく、2014年に議会選挙。
これから安定して経済や政治が運営されることを祈ります。