チュニジアに残るローマ遺跡。ドッッガ!ブラレジア!

アッスレーマ

5月も終わりに近づいてきました。
チュニジアの夏の観光シーズンがじわじわと近づいてきています!
今年のチュニジアの天気は少しずつ暑くなってきた!と思いきや寒さが戻ったりと例年とは少し違った気候が続いています。
早く、本格的な夏になってほしいこの頃です。暑すぎるのはつらいのですけれども。

さてさて、タイトルにもありますようにチュニジアの代表的なローマ遺跡といえば、ドゥッガそしてブラレジアです。
ここはチュニジア北東部にあり、回りにあまり大きな町もなく、田舎の町です。
そんな中に忽然と現れる遺跡ドゥッガ、ブラレジア!視察に行ってまいりました!

5月中頃だったため、まだまだ涼しかった北部たくさんの花畑がありました。
ポピー畑
ポピー畑です。
とても綺麗だったため車をとめて写真タイム♪

チュニスから車に揺られ約2時間ぐらい、やってきましたブラレジア。
ここは地下住居とモザイクが特徴的な遺跡です。



ガイドさんがとても丁寧にモザイクそして遺跡全体の説明してくれました。
ガイドさんがいるとやっぱし、遺跡をさらに楽しむことができます。



昔のバジリカ跡です。



石畳の通路歩いていると時折穴があいています。
そこを除くとしっかりとした、水路のようなものが作られており、昔はこの水路を使い下水を流していたとか。



ブラレジアの中でもひときわ目立つ大きな遺跡。ユリア・メムニアの浴場。
とても大きく中多くの部屋に分かれており、モザイクもところどころ残っていました。



洗礼所跡です。
初期キリスト教会特有の階段付きの洗礼所です。



そして、地下住居!
とてもしっかり残っています。



地下住居の中にとても綺麗なモザイクが残っていました。

ブラレジアにはまだまだ、たくさんの見所がありました。
後は実際来てみて楽しんでください!

この後、昼食を摂りドゥッガに向かいました。
ドゥッガ編はまた後日!

ビッスレーマ!