【FAQ】 チュニジアで携帯電話を使えますか

2006年現在、チュニジアの携帯電話サービスを提供している会社は、

TUNISIE TELECOM と TUNISIANAの2社です。


携帯電話は街の販売店で簡単に入手できます。

回線に加入(約25ディナール)するには、

旅行者の場合はパスポートの提示が必要です。


回線と電話機のパッケージが約90ディナールから購入できます。

電話機は日本ほど安いものが出回っていません。

日本の電話機と同様の機能を備え、洗練されたデザインのものは非常に高価です。


チュニジアの携帯電話は大半がプリペイド方式です。

公衆電話(Publinet)、タバコ屋、食品店などで

プリペイドカード(GSMカード)が売っています。

CARTA TUNISIANA
CARTA TUNISIANA チュニジアの携帯電話用テレフォンカード

カードは5ディナール、10ディナール、20ディナールのものがあります。

購入時には2006年からカード1枚当たり0.3ディナールの税金がかかるようになりました。

カードの裏側をコインなどで削って、

出てきた番号を電話機に入力し、

ボタンを押すと簡単に電話料金のチャージができます。

VERSO



通話料はTUNISIANAの場合、

昼間:0.224ディナール/1分

夜間:0.148ディナール/1分

5ディナールのカードを買うと、昼間に約22分通話できることになります。


チュニジアの携帯電話にはCIMカードというICチップが内蔵されており、

これを他の電話機に入れ替えるだけで、同じ番号と電話帳で違う電話機を簡単に使うことができます。

携帯電話
携帯電話のバッテリーパックを外したところ


sim
SIMカード

携帯電話でEメールはできませんが、似たような機能として、

ショートメッセージ(SMS)が標準装備されています。

これを使うと、簡単な意思疎通が通話よりも安上がりにできます。